送り火


今年のお盆も無事に終わりました。明日からいよいよ上方歌舞伎会の公式稽古が、文楽劇場の稽古場で始まります!稽古日数が短いようですが、数ヶ月前から個人稽古はやっています。本番は22日23日の2日間、どうぞよろしくお願いいたします。

コメントの投稿

非公開コメント

やっと

blogにおであいできました。
嬉しいで~す!

お盆行事お疲れ様でした

ご先祖様方もご満足に帰られたことでしょうね。

上方歌舞伎会、去年がハイレベルだったので皆さんプレッシャーでしょうけれども今年も期待しております!

まだまだ残暑が続きそうですがくれぐれもご自愛下さいませ。

送り火

残暑お見舞い申し上げます。
片岡家の大切なお盆の行事、今年もご先祖様方は満足されたことでしょう。
まだしばらく暑さが続くようですので、お身体大切にお過ごしくださいませ。

葉 月

残暑お見舞い申し上げます。

ご先祖様方も、もう無事に帰られたことでしょう。四ヵ所ですからお互い別れは辛いでしょうが、また来年を楽しみにしていらしゃると思います。

時は立秋となり、空は高くなり、秋の気配も感じられるようになりましたが、まだまだ暑いです。お身体大切にすごされますように。

暑い最中に、個人指導をしておられたと伺い、なんと幸せな御弟子さんだろうと思いました。私は23日に拝見します。

送り盆、そして

お迎えしたご先祖様もあっという間にお帰りで淋しくなりますね。私もこれからお墓に送って行き、今夜は送り火。京都でも五山の送り火で、いろいろな慣わしがあるのでしたね。
お盆の過ぎると、いよいよ週末から上方歌舞伎会。待ち遠しいです。年々力をつけてきた若手の皆さんの双蝶々の通し、本当に楽しみです。暑いさなかにお稽古大変でしょうが、お体に気をつけてお励みくださいませ。2回拝見させていただきます。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム