3日目

今日の「上方歌舞伎会」の稽古は13時からです。文楽劇場の稽古場になってもう今日で3日目ですが、なかなか思うように捗りません…。鴈治郎さん、竹三郎さん吉弥さんも積極的に補導してくれています。指導陣一丸となって頑張って居るのです、教わる方もしっかりと學んで欲しいと願っています。

コメントの投稿

非公開コメント

上方歌舞伎会

の面々は本当に幸せですね。
熱意溢れるよき指導者に教わってー。
上方歌舞伎会が、レベル高いのがわかります。
楽しみに観劇致します。

楽しみです!

ご指導に携わる皆様の熱意に若い出演者さんが応えてよい成果をあげてくれるのを拝見するのが楽しみです!
やる気のある皆様故個人差はあれども皆さん厳しいお稽古にくらいついていってくれることと信じております。

職場が日本橋から一駅のところ故、文楽劇場の方にむけて心で出演者さんとご指導の皆様にエールを送りつつ、皆さん頑張ってはるんやと思うとこちらも仕事を頑張れます。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム