上方歌舞伎会


昨日無事に初日があき、今日はもう千穐楽になってしまいました…。もう少し長くやらしいです!

コメントの投稿

非公開コメント

おめでとうございます!

初日おめでとうございます!
千穐楽おめでとうございます!!
秀太郎丈の熱意を受けとめたお弟子さん達の熱演を
4回目の舞台で拝見させていただきます~
たのしみです。

秀太郎丈の愛情

をひしひしと感じる
「もう少し永くやらしたいです」
のお言葉
お芝居、大事に大事に 拝見します。

千穐楽おめでとうございます!

今年もご指導者さんの熱いご指導に若手が応えての熱い舞台堪能いたしました。

四回だけでは勿体ないですね。
関西の歌舞伎ファンが皆この公演に足を運んでくれるようになってもっと公演数増えていくといいな、と思います!

千穐楽おめでとうございます。

4回目を拝見しました。

4回で終わらすのがもったいない立派な舞台でした。秀太郎丈たちの熱意のこもったご指導とひたむきに学びとろうとする若い役者さんたちの努力のたまものだと思います。
みなさんの今後の活躍を期待しています。

第26回も楽しみにしています。

見 守 る

良かったです。御指導、お疲れさまでした。役者さんたちの、役者としての成長を見るのは、心地よいし、嬉しいものです。とは言っても5人しか知らなくて、申し訳ない。3回目より、4回目の方が、私の拝見の気持ちが落ち着いたせいか、良かったと思いました。

また来年、この役者さんたちの公演を楽しみにしてます。

秀太郎丈、元気ですごされますように。


素晴らしかったです!

三回目と四回目の今日を拝見しました。
三回目より四回目とどんどん進化していて感服しました。
どのお役も素晴らしく、特に秀太郎丈のご指導による千次郎さんのお幸、千壽さんのお早など本公演でも十二分に評価されるレベルで感心しました。
これもひとえに秀太郎丈初めご指導の皆様のご苦労の賜です!
毎年最後の回のご挨拶が楽しみですが、今年も仁左衛門さんとの絡みなど笑いを誘いながら和気藹々のラストに心温めていただいて、お疲れさまでした有難うございましたと頭を下げて文楽劇場をあとにしました。

千穐楽おめでとうございました。
今回初めて上方歌舞伎会を観に行きました。
博多からこの為だけに来たようなものだったので、4回全て観劇いたしました笑
皆さん本当に素晴らしかったです!!
こんなに面白い公演だったとは。
2日間だけなのが勿体無いくらいですね。また来年も観に行きたいなと思った公演でした(^^)
上方歌舞伎はやっぱりいいなぁ~。
プロフィール

片岡秀太郎

Author:片岡秀太郎
二代目 片岡 秀太郎
昭和16年9月13日
大阪府大阪市生まれ
屋号は松嶋屋
定紋は七つ割り丸に二引、替紋は追いかけ五枚銀杏
本名は片岡 彦人(かたおか よしひと)

十三代目片岡仁左衛門の次男
1946年(昭和21年)10月京都南座で『吉田屋』の禿役で本名の片岡彦人で初舞台
1956年(昭和31年)3月大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名

カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム